youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T) > 「アゲトラ」キャリイターボに大型ラジエター&オイルクーラー装着 その1

キャリイ(DA63T) ターボ 冷却系

New

2017.04.06 「アゲトラ」キャリイターボに大型ラジエター&オイルクーラー装着 その1

キャリイ(DA63T)のアゲトラのお客様がいらっしゃいました。


P1170811.jpg


この車両、実は当社のボルトオンターボキットが装着されております。


左の荷台下を見ると、インタークーラーがチラリと見えていますね。


P1170851.jpg


ターボキットを装着した場合、ゆっくり街乗り走行をしているだけであれば水温も油温も特に問題無いのですが、暖かい季節に高速道路をハイペースで走行したり、スポーツ走行を行なうと、水温・油温ともかなりヤバイ温度まで上昇します。


春の訪れとともに気温が高くなって来ましたので、転ばぬ先の杖ということで、この度は「大容量アルミ2層ラジエター」と「オイルクーラーキット」を装着しました。


本日はラジエター装着の概要をご紹介します。


純正ラジエターはフロントバンパーを外すとこの様に現れます。ちなみに右側がラジエターで、左側はエアコンのコンデンサになります。


P1170813.jpg


まずは下側にあるドレンを外してLLCを抜きます。LLCを冷ましてから作業しないと大変危険ですので十分注意して下さい。


P1170814.jpg


ラジエターは上側2か所がブラケットで固定されているだけで、下側はゴムマウントに刺さっているだけですので、上側のブラケットを外して上方に引っ張れば外れます。


P1170817.jpg

P1170818.jpg


ただしラジエターを外す前に、ラジエターホースや、ラジエターファンのコネクタを外しておく必要があります。


こちら上側のラジエターホース。エンジン側で外した方がはるかに楽です。


P1170816.jpg


こちらは下側のラジエターホースで、ドレンのすぐ横に刺さっています。


P1170815.jpg


リザーバータンクに行く細いホースも忘れずに外しておきましょう。


P1170819.jpg


ラジエターを取り外した車両の写真です。


P1170820.jpg


取り外したラジエターから、ファンを取り外します。


P1170821.jpg


左側が大容量アルミ2層ラジエターで、右側が純正ラジエターですが、この角度から見てもロゴが入っているか否かの違いしかわかりません。


P1170825.jpg


比較する時はぜひ横から見てみましょう(笑


P1170824.jpg


純正ラジエターは、相変わらず衝撃の薄さです!


ラジエターファンを移植したら、取外しと逆の手順で取り付けます。


こちら車両に取り付いたところです。(オイルクーラーも付いちゃってますが)


P1170832.jpg


バンパーを装着しても、ロゴがチラリと見える位置にプリントしてありますので、さりげなくアピール可能です!


P1170843.jpg


NAエンジンでもキャリイ(DA63T)は暖かい季節に高速道路をハイペースで走行すると、水温は100℃を越えてしまいます。


純正の水温警告灯はエンジンが壊れるほど高温にならないと点灯しませんので、エンジンをいたわりたい人はまずは水温計を装着し、必要であれば大型ラジエターの装着をオススメしま~す。

  • youtube
  • facebook
  • instagram

キャリイ(DA63T) ターボ 冷却系

Monthly Archive

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿