youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T) > 本日はキャリイ(DA63T)にボルトオンターボを取り付け

キャリイ(DA63T) ターボ

New

2017.04.21 本日はキャリイ(DA63T)にボルトオンターボを取り付け

新型キャリイ(DA16T)が出てから早3年半が経ちましたが、DA63Tキャリイもまだまだ根強い人気が有ります。


スポーツ走行だけに限って言えば、ロングホイールベースで前後の荷重配分が優れているDA63Tの方が、限界時のコントロール性が良く向いているかも知れません。


本日はそのDA63Tに、当社のボルトオンターボキットを装着致しました。(当社では1週間のお預かり作業となります)


こちらは専用EXマニと、ターボ本体を装着したところです。


P1180161.jpg


ブーストアップキットも同時に装着しておりますので、ブーストは0.6Kまで掛けることが出来ます。


こちらはオイルリターン部の様子です。


P1180162.jpg


元がNAエンジンの場合、ターボからオイルを戻す場所が無いのが悩みのタネですが、ボルトオンターボキットの場合はこうやって戻しているのです。


さて、先日行われた軽トラワールドシリーズでも、ターボSクラスにボルトオンターボキットを装着したDA63Tが参戦されていました。


17042102.jpg


また昨年度のターボSクラスのシリーズチャンピオンを獲ったマシンも、ボルトオンターボ仕様でした。


17042101.jpg


腕さえ有れば、この様なドリフト走行も可能です!


ボルトオンターボだと最大馬力は70ps程度ですが、エンジン本体がNAのままで圧縮比が高いため、NA車のトルクにターボパワーが上乗せされますので、街乗りでは非常にトルクフルで乗り易くなります。


ただしブーストは0.6Kまでしか上げられませんので、目標は100ps!と言った様な方には向きません。


DA63Tを元気よくしてまだまだ乗りたい方は、ボルトオンターボキットがオススメですよ~!

  • youtube
  • facebook
  • instagram

キャリイ(DA63T) ターボ

Monthly Archive

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿