youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/510P) > 新型ハイゼットトラック(S500P/S510P)用 リーフアンダーバー新発売

ハイゼットトラック(S500P/510P) ボディー ボディー補強

New

2016.01.28 新型ハイゼットトラック(S500P/S510P)用 リーフアンダーバー新発売

新型ハイゼットトラック(S500P/S510P)用のリーフアンダーバーが新発売となりました。


P1160308.jpg


通常の乗用車は、この様なモノコック構造と呼ばれる形状のボディーで、ボディーの強度を持たせてあります。

MONOBODY.jpg


しかし軽トラは、ラダー状のフレームによってボディーの強度を出してあります。

DSCN6319.jpg


捻じれに弱そうであることは、見た目にも明白だと思います。


そこで、左右のリーフスプリングの支点を『リーフアンダーバー』で結合することにより、ボディー剛性を確実にアップさせることが出来るのです。

P1160308.jpg


ボディー剛性が低いと、ステアリング操作をした際にボディーの捻じれが発生し、結果として自分がステアリング操作をした感覚とはずれた動き(挙動が違う、挙動が遅い)として出て来ますので、一言で言うならば気持ちの良くないフィーリングとなります。


これが、ボディー剛性を上げることにより自分が意図するものに近いフィールになりますから、一般道、山岳路、高速道路におけるまで、気持ちの良いドライビングを手に入れることができるのです。


P1160330.jpg


軽トラックの場合は、ボディーだけでなく、サスペンション、ブッシュ、マウントと、全てのパーツの剛性が低く作られていますから、地道にチューンをしていくことで、確実に気持ち良いクルマになって行きます。


そのへんを一つずつ確認しながらチューンを進めて行くのも、チューニングの楽しみの一つですね。

  • youtube
  • facebook
  • instagram

ハイゼットトラック(S500P/510P) ボディー ボディー補強

Monthly Archive

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿