youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T) > アルミペダルカバー装着の様子

キャリイ(DA16T) スーパーキャリイ(DA16T) ハイゼットトラック(S500P/510P) 内装

New

2021.10.01アルミペダルカバー装着の様子

キャリイ(DA16T)に弊社のアルミペダルカバーを装着致しました。


ご自身で装着を検討されている方も多いと思いますので、簡単に作業内容をご紹介しておきます。


まずはアクセルペダルを車体から取り外します。(その方が断然作業がやりやすいです)


s-P1310028.jpg


DA16Tキャリイは電子スロットルにつき、エンジンとペダルがワイヤーでつながっていないため、ボルト2本とコネクターを外すだけで簡単にポロッと外れます。


ペダルの踏み込み面にドリルで穴を空けて、付属のボルトナットでアルミペダルカバーを固定します。


s-IMG20210924161515.jpgs-IMG20210924161509.jpg


当社のペダルカバーは車種専用に曲げているため、このように純正ペダルにぴったりと形状が沿います。


s-IMG20210924161357.jpg


続いてブレーキペダルとクラッチペダルに取付用の穴を空けますが、これら二つのペダルは取り外さないでドリルで穴を空けます。


まずは穴あけ位置をマーキングします。


s-IMG20210924161334.jpg


ペダルの下側に木片などを置いてペダルが下がらないようにして、ドリルで穴をあけます。


s-IMG20210924162946.jpg


ブレーキペダルとクラッチペダルに穴が空いたら、付属のボルトナットを使用してアルミペダルカバーを取り付けます。


ブレーキとクラッチは純正で装着されているゴムカバーを取り外してから直接ペダルカバーを取り付けますので、ダイレクトな操作感を得ることが出来ます。


最後にアクセルペダルを車体に取り付けて、作業完了です。


s-IMG20210924175057.jpg


取付けに当たってはドリルが必要となりますが、そう難しい作業ではないと思います。


装着をお考えの方はぜひチャレンジしてみて下さい!

  • youtube
  • facebook
  • instagram

キャリイ(DA16T) スーパーキャリイ(DA16T) ハイゼットトラック(S500P/510P) 内装

Monthly Archive

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿