youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T) > キャリイ(DA63T&DA16T)のプラグは細かくチェンジしているわけで・・

キャリイ(DA63T) エンジン キャリイ(DA16T)

New

2016.03.14 キャリイ(DA63T&DA16T)のプラグは細かくチェンジしているわけで・・

キャリイのプラグを、DA63T 初期型から現行のDA16T 2型まで見ていくと、結構細かく変わっていることに気が付きます。


ざっとご紹介しましょう。


まずは平成14年の初期型ですが、なぜか4WDのAT車だけが高価なプラチナプラグが採用されています。


下の画像でいうと、左の中心電極が太いものが標準品で、右の細いものが4WD AT車だけに使われているプラチナプラグです。

P1070937.jpg


4WD ATの解体車があるならば、プラグだけいただくのも手ですねw


この流れは8型まで続きます。


そして9型からは、なんとプラグの先端の長さが激変します!?


左側が8型までのもの、右側が9型以降のものです。


P1070939.jpg


プラグが長くなったということは、つまりヘッドがぶ厚くなったということでして、キャリイ(DA63T)のエンジンは、同じK6Aでも8型までと9型以降では全く別物(載せ替えても動きません・・)になっております。


ちなみに9型以降は全モデル共通で、プラチナプラグとなっています。


そしてフルモデルチェンジしたDA16T(R06Aエンジン)からは、さらにスリムなプラグに変わりました。


左がDA63T 9型のもので対面角は16mm、右がDA16T 1型のもので対面角は14mmとなっています。

P1070940.jpg


従来のプラグレンチでは使い物になりませんので、DA16T乗りの方は注意が必要です!


そして画像は無いのですが、DA16Tは2型からプラグが安価な物に変わっておりますっ(>_<)


これはお決まりのコストダウンだと思いますが・・。


P1070943.jpg


キャリイ乗りの皆様、プラグ交換をする時は、仕様を良く調べてからやって下さいね~!

  • youtube
  • facebook
  • instagram

キャリイ(DA63T) エンジン キャリイ(DA16T)

Monthly Archive

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿