youtube facebook instagram

Blog 社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T) > MHP フロント牽引フック キャリイ(DA16T)発売間近!

キャリイ(DA16T) ボディー 外装

New

2016.02.02 MHP フロント牽引フック キャリイ(DA16T)発売間近!

キャリイ(DA16T)のフロント周りには、簡単に牽引フックを装着できそうな場所がありません。


このため当社でも、キャリイ(DA16T)のFr牽引フックはなかなか発売出来ないでおりました。


見た目だけの飾りの牽引フックであれば、言い方は悪いですが適当に作って、適当に固定すれば出来上がりますが、それでは当社のポリシーとも言える「パーツは機能してナンボ」という考えに反してしまいます。


そんなこんなで、このたび"マジで引っ張れるフロント牽引フック"が完成しましたので、近日発売開始致します。


P1030652.jpg


ちなみに、MHPとは"マジで引っ張れる"の略ですw


固定は、この様にブラケットを介してフレームに固定致します。

P1070403.jpg


この写真ではブラケットの下側に牽引フック本体が付いていますが、リップスポイラーの無い車両の場合は、ブラケットの上側に牽引フック本体を取り付けることで高さの変更が出来ます。


また、前後方向には多数の穴が開いていますので、前後位置の微調整も可能です。


ブラケットの横穴から少し見えていますが、ブラケット上側に付いているボルトをフレームに差し込む構造ですので、引っ張り方向の力はここで受け止めます。

P1070406.jpg


牽引フックのストレート部(赤い部分)が少し細いのではないか?とおっしゃる人がいるかも知れませんが、これにはちゃんと理由があります。

P1070404.jpg


これは万一の時に牽引フックに大きな力が加わった際、車両のフレームに与えるダメージを抑えるために、あえて力が逃がせるような強度にしてあるのです。


クラッシュに備えて一部のパーツをわざと弱く作るのは、フォーミュラーカーの足回りなどにも使われる手法です。


構成部品が多いために今までのモデルよりは価格は上がってしまいますが、DA16T乗りの方は「MHP牽引フック」いかがでしょう?

  • youtube
  • facebook
  • instagram

キャリイ(DA16T) ボディー 外装

Monthly Archive

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2011年

2010年

2009年

パーツのご注文はショッピングサイトへ

commentsコメント

コメントの投稿