社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)駆動系(ミッション、クラッチ、フライホイール) > キャリイ(DA63T)に強化クラッチを組みました

キャリイ(DA63T)

2021.03.26キャリイ(DA63T)に強化クラッチを組みました

キャリイ(DA63T)でスポーツ走行を楽しんでおられるお客様です。


s-IMG20210324125656.jpg


このたび走行距離が増えて来たため、クラッチが滑り始める前にクラッチ交換をすることになりました。


せっかく交換するならばということで、今回は弊社の強化クラッチディスク&カバーを装着することにしました。


こちら、取り外した純正クラッチになります。


s-IMG20210324094936.jpg


まだ使えないことはありませんが、摩耗して新品よりは溝が浅くなっています。


そしてこちらは取り外したレリーズベアリング&フォーク(上側)と、新品(下側)になります。


s-IMG20210324100452.jpg


フォーク単品を拡大してみると、下の画像の赤い矢印の部分が摩耗してきていることがわかります。


s-IMG202103241005131.jpg


クラッチ交換をするということは、そこそこ走行距離が伸びているということになると思いますので、クラッチ交換のついでにレリーズベアリングも交換した方が良いです。


せっかくクラッチディスクを新品にしたのに、すぐにベアリングが壊れてゴロゴロと音がし始めることにもなりかねませんので・・・。


またフォークはベアリングに比べれば優先度は下がりますが、出来ることなら交換をオススメします。


純正部品の価格はベアリングが4000円程度、フォークは2000円程度です。(※2021年3月現在)


またこちらはミッション側ですが、こちらは綺麗に清掃をしてから組付けを行います。


s-IMG20210324100439.jpg


強化クラッチディスク&カバーを装着したところです。(弊社の強化クラッチはディスクとカバーをセットで使用になります)


s-IMG20210324094926.jpg


クラッチ取付け時は治具を使ってセンタリングをきっちりとやならいと、いつまでたってもミッションのインプットシャフトがクラッチに入りませんので、プライベートで作業される場合はご注意下さい。


そして無事にミッションが取り付きました。


s-IMG20210324104920.jpg


これで当面の間は安心してスポーツ走行を出来るようになりました!


s-IMG20210324125831.jpg

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)に強化クラッチを組みました

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678