社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > スーパーキャリイ(DA16T)排気系(マフラー)排気系(EXマニ、フロントパイプ) > ピカピカのキャリイ まずはタコ足、マフラーから!

スーパーキャリイ(DA16T)

2020.12.22ピカピカのキャリイ まずはタコ足、マフラーから!

走行1000kmチョイのピカピカのキャリイ(DA16T)です。


s-IMG20201221142743.jpg


最初のチューニングメニューが、なんと「ステンレス等長タコ足」と「オールステンマフラータイプS-X」の装着という、とても硬派なパーツからの着手となりました(^^


さて、こちらはエンジンから純正EXマニを外したところです。


s-IMG20201221133207.jpg


恒例の比較写真です。とても同じ部位に取り付く部品とは思えない容姿の差です(笑)


s-IMG20201221133141.jpg


エンジンに取り付きました。


s-IMG20201221134127.jpg


こちら前方から見たところ。


s-IMG20201221134139.jpg


続けてマフラーを装着しました。


s-IMG20201221140207.jpg


ちなみにマフラーは全部で3箇所の吊りゴムで車体に止まっていますので、脱着はそう難しくはありません。


その3ヶ所は下の写真の通りで、こちらは一番前の部分。


s-IMG20201221133238.jpg


2番目は左リヤショックのすぐ近く。


s-IMG20201221133225.jpg


3番目はテールランプの少し前の所にあります。


s-IMG20201221133247.jpg


潤滑剤をスプレーしてこじってやれば、純正マフラーを外すのはそう難しく有りません。


マフラー装着後に車体左側から見ると、この様にマフラーのタイコ部が輝いて見えます。


s-IMG20201221142807.jpg


このお客様はマンションの地下駐車場に車を停めておられるとのことでしたが、アイドリング時の音を聞かれて、「この静かさであれば心配ないですね」とのコメントをいただきました。


s-IMG20201221142652.jpg


マフラーは車検に適合していますので決して爆音ではないのですが、アイドリング時は特に静かになっています。


そしてエンジン回転を上げると、スポーツマフラーらしい音に変わって行きます。


またタコ足も同時に装着しましたので、回転が上がると乾いた甲高い音に変わります。


「タコ足&マフラー」は、性能もアップしますが耳でも楽しめるパーツです♪

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ピカピカのキャリイ まずはタコ足、マフラーから!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678