社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S200P系)リフトアップ上げトラ > ハイゼット(S211P)に上げられる車高調タイプUを装着して安定を狙う!!

ハイゼットトラック(S200P系)

2020.07.08ハイゼット(S211P)に上げられる車高調タイプUを装着して安定を狙う!!

少し珍しいパターンになりますが、現在他車さんの2インチアップキット装着されているというハイゼットトラック(S211P)トラックのお客様。


フロントストラットの上にスペーサーを装着するタイプのリフトアップキットが付いていますが、ショック&スプリングがノーマルなため、もう少し足回りをしっかりさせたいとのこと。


合わせて、現在フロントの車高が50mmアップしているところを、35mmアップあたりにまで下げたいとのご要望。


これらのニーズをぴったりと満たすことが出来るのが当社の「上げられる車高調キットタイプU」ということで、このたび当パーツを装着致しました。


フロントは2インチアップスペーサー付きの純正ストラットASSYを取り外し、当車高調キットを装着するだけです。


s-IMG20200707141244.jpg


リフトアップ用の車高調はローダウンの車高調とは違い、サスペンションのストロークが大きくなります。


このため当社の上げられる車高調キットは、上の画像の様に長いスプリングと長いショックアブソーバーで構成することで、乗り心地と接地性を確保しております。


リヤの車高アップについては元々付いていたブロックを利用し、当車高調キットに付属している強化ショックアブソーバーの取付けのみを行いました。


s-IMG20200707141840.jpg


リヤのショックアブソーバーもリフトアップした場合は、強化タイプを装着した方がロールスピードが抑えられますので、より安定します。


装着後の様子がこちらです。


s-IMG20200707185839.jpg


お客様に試乗いただきましたが、良い感じに引き締まったフィーリングになったとの感想をいただきました。


s-IMG20200707185953.jpg


車高をアップさせたけれど足回りが柔らかくイマイチ安定しないという感覚をお持ちの方は、スプリングとショックアブソーバーを強化されてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼット(S211P)に上げられる車高調タイプUを装着して安定を狙う!!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678