社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ガード類キャリイ(DA16T)スーパーキャリイ(DA16T)スーパーチャージャーリフトアップ上げトラ > スーパーキャリイ2インチアップ車に「スーパーチャージャーキット」装着♪

スーパーキャリイ(DA16T)

2020.06.06スーパーキャリイ2インチアップ車に「スーパーチャージャーキット」装着♪

2インチアップされたスーパーキャリイ(DA16T)に、当社の「スーパーチャージャーキット」を装着致しました。


s-P1290054.jpg


この車両はリフトアップされているので、165/65R15の大径タイヤが装着されています。


大径タイヤを履かせると加速が悪化するため、より大きな加速力を得るためにはスーパーチャージャーの装着は非常に効果的です。


ではスーパーチャージャーキット装着の様子をざっとご紹介します。


まずはエンジンの純正Vベルトを外します。


s-P1290021.jpg
(エンジン下側から見たところ)


そこにキットに付属のブラケットとロングVベルトを使用して、スーパーチャージャー本体を装着します。


s-P1290044.jpg


余談になりますが、スーパーチャージャー本体に掛けるVベルトの前後方向の位置は、純正Vベルトの位置とぴったり合わせないと、異音が出たりベルトが外れたりする原因になります。


具体的には1mmずれていても問題が発生しますので、当社では3次元測定器を使用して±0.1mm以内の精度で合わせるように設計してあります。


スーパーチャージャー本体は下から見ても良くわからないので、上側のサービスホール部から見るとこんな感じで鎮座しております。


s-P1290030.jpg


スーパーチャージャー本体の出入り口には、キットに付属のアルミ配管とシリコンホースを接続して、エアクリBOXとスロットルを結びます。


s-P1290046.jpg


スーパーチャージャーキットは装着してしまうと、外観からはパっと見ではわかりません。


外から見てノーマル車と違いが有るのは、スーパーチャージャーオイルタンクが右荷台下に付くことと、


s-P1290056.jpg


フロントサスペンションメンバーの前側の上側に、スーパーチャージャーオイルクーラーが付く点です。


s-P1290049.jpg


この車両は当社のサスペンションメンバーガードを装着いただいていましたので、この様にガードの前側の上の辺りにオイルクーラーが来ます。よって、悪路でヒットしてしまう心配は有りません。


s-P1290060.jpg


今回、動画を撮影しておりませんが、スーパーチャージャーキットを装着すると「ヒューヒュー」と言った独特の吸気音がするようになります。これはまたの機会にご紹介するとします・・。


スーパーチャージャーキットの装着には、車両を1週間お預かりすることになります。(その間は代車(無料)をお貸し致します。)


キャリイ(DA16T)乗りで、大径タイヤを装着してもっと加速力が欲しい方、純正よりも圧倒的なパワーが欲しい方、スーパーチャージャーキットをどうぞご検討下さ~い。

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > スーパーキャリイ2インチアップ車に「スーパーチャージャーキット」装着♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678