社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > サスペンションハイゼットトラック(S500P/510P) > ハイゼットジャンボに車高調forストリートを取付け♪

ハイゼットトラック(S500P/510P)

2020.05.26ハイゼットジャンボに車高調forストリートを取付け♪

本日はハイゼットジャンボ(S500P)に、車高調キットforストリートを装着しました。


まずこちらは装着前の様子です。


s-P1280955.jpg


作業をざっくりと見て行きましょう。


まずこちらは純正のフロントショック&スプリングです。


s-P1280960.jpg


車高調に交換完了したところです。(上の純正の写真とは左右が逆です)


s-P1280961.jpg


車高調の上の部分をよくよく見ると、アッパーマウントは「ピロアッパー」が付いているのがわかります。


s-P1280966.jpg


リヤはリーフを外すために、まずはシャックルを外します。


s-P1280962.jpg


続いてリーフをバンジョーに固定しているUボルトを外し、最後にリーフの前側のボルトナットを外せばリーフが取れます。


s-P1280963.jpg


こちらは当社の車高調整式シャックルを装着した様子です。今回は純正シャックルよりも7mm車高が下がる位置をチョイスしました。


s-P1280964.jpg


ローダウン時の突き上げを緩和するため、当社のソフトバンプラバーを装着しました。


s-P1280967.jpg


奥の方には車高調キットに付属している、リヤ強化ショックアブソーバー(ショートタイプ)も装着してあります。


これで一通りの作業が完了となります。


車高は約45mmのダウンとなりました。


ノーマル車高と、車高調装着後の車高を比較してみましょう。

注)フロントはキャンバー角が約5°付いたために、タイヤの上側がかなり内側に入っています。このため一見するとフロントの車高が下がっていないように見えますが、実際は下がっています。


まずはノーマル車高、斜め前から。

s-P1280955.jpg


車高調装着後、斜め前から。

s-P1280973.jpg


ノーマル車高、真横から。

s-P1280956.jpg


車高調装着後、真横から。

s-P1280974.jpg


ノーマル車高、斜め後ろから。

s-P1280957.jpg


車高調整装着後、斜め後ろから。

s-P1280975.jpg


参考までに装着ホイールは14×6J+45、タイヤは165/55R14となります。


ハイゼット(ジャンボ)で車高を下げたい方は、どうぞ参考にして下さい♪

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットジャンボに車高調forストリートを取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678