社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)駆動系(LSD) > GT夏のLSD祭り!? 今日もキャリイにLSD装着!

キャリイ(DA63T)

2019.06.19GT夏のLSD祭り!? 今日もキャリイにLSD装着!

昨日のキャリイDA16Tに引き続き、本日はキャリイDA63TにLSDの装着を行いました。


P1260199.jpg


まだノーマル状態ですが、これから走って遊びたいということで、1発目のチューニングパーツが何とL・S・D!


P1260200.jpg


かなり通な選択です。


作業の概要は何度も書いていますので、今日はLSD本体周りの作業を中心にご紹介しましょう。


まずはドラシャを抜いて、


P1260203.jpg


デフキャリアをホーシングから割って、デフを取り外します。


P1260201.jpg


こちら、取り外したデフ本体です。


P1260205.jpg


こちらはデフが抜き取られたキャリアです。


P1260204.jpg


そしてリングギヤを固定する8本のボルトを外して、


P1260206.jpg


リングギアを取り外します。外したリングギヤは傷などが無いかチェック。


P1260208.jpg


外したリングギヤをLSDに付け替えます。もちろんトルクレンチで締め付け。


P1260209.jpg


LSDをデフキャリアにセットします。


P1260210.jpg


ちなみにベアリングの外側にある黄色矢印の先の薄いパーツが、バックラッシュを調整するシムになります。


InkedP1260211_LI.jpg


シム単品はこの様な感じで、純正部品で厚みが0.05mm刻みで設定されています。


P1260217.jpg


キャップを取付けて、デフキャリアに固定します。


P1260212.jpg


ダイヤルゲージでバックラッシュを測定します。


P1260214.jpg


ほどんどの場合、元のバックラッシュ値とは変わっていますので、先ほどのシムの厚みを変更して、バックラッシュ値が基準に収まるように調整を行います。


バックラッシュ調整が完了したら、車両に取付けます。


P1260216.jpg


LSD装着の費用は、本体、オイル、ベアリング、シム等を入れて消費税(8%)込みで13万円前後となります。(LSDのタイプやイニシャル増しの有無で変わります)


取り付けをお考えの方はメールが電話でお問合せ下さ~いm(__)m

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > GT夏のLSD祭り!? 今日もキャリイにLSD装着!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678