社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > サスペンションハイゼットトラック(S200P系) > 平成最後の作業はハイゼットジャンボ(S211P)にダウンリーフ&強化リヤショック取付け♪

ハイゼットトラック(S200P系)

2019.04.27平成最後の作業はハイゼットジャンボ(S211P)にダウンリーフ&強化リヤショック取付け♪

GW前の営業は本日がラストとなります。


つまり今日は平成最後の営業だったのですが、その記念すべき?作業はハイゼットジャンボにダウンリーフと強化リヤショック(ショート)の取付けとなりました。


P1250804.jpg


元々この車両のフロントには、車高調キットforストリートが入っていましたが、車高を純正付近にして使用されていました。


今回、リヤにダウンリーフスプリングを組むのにあたり、フロントも約40mmほど車高を下げて、前後バランスを取ることになりました。


こちら、リヤ周りのリーフ・ショック・ソフトバンプラバーを装着したところです。


P1250809.jpg


フロントの車高調を調整して前後とも約40mmダウンすると、どんな感じに変わるか
見てみましょう。


まずは斜め前から見たところです。

純正車高

P1250804.jpg

約40mmダウン

P1250812.jpg


真横から見たところです。

純正車高

P1250805.jpg

約40mmダウン

P12508131.jpg


斜め後ろから見たところです。

純正車高

P1250806.jpg

約40mmダウン

P1250814.jpg


車体色が黒なので、ホイールハウスのクリアランスがわかりにくいですが、よーく見るといい感じに車高が下がっているのがわかると思います。


これからローダウンをお考えの方は、どうぞご参考に!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > 平成最後の作業はハイゼットジャンボ(S211P)にダウンリーフ&強化リヤショック取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678