社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/510P)排気系(EXマニ、フロントパイプ) > タコ足ブーム!?今日はハイゼットトラック(S510P)にタコ足取付け♪

ハイゼットトラック(S500P/510P)

2019.04.18タコ足ブーム!?今日はハイゼットトラック(S510P)にタコ足取付け♪

昨日のキャリイ(DA16T)に続き、本日は働くハイゼットトラック(S510P)にステンレス等長タコ足を取り付けました。



キャリイもハイゼットも、タコ足の基本的な取り付け方は同じになりますが、ハイゼットの方が工具が入りにくいため作業はやや大変です。


では、取付けの様子を一通り見て行きましょう。


P1250637.jpg


まずはO2センサーを取り外します。上の画像で水色の電線が出ているのがO2センサーになります。


続いてはスプリングボルト2本を取り外します。


P1250642.jpg


次いで4WD車の場合は、フロントプロペラシャフトの前側のジョイントを外し、シャフトを下側に逃がしておきます。


エキマニをエンジンに締結しているボルトナットを外すには、エンジンマウントが邪魔になるので、エンジン下をミッションジャッキなどで保持してから、エンジンマウントを外します。


P1250645.jpg


こちら、外れたエンジンマウントです。


P1250651.jpg


工具が入る様になったので、エキマニをエンジンから外します。


ここで恒例の、エキマニチェックです!


P1250646.jpg


DA16Tキャリイよりは若干太いですが、基本的にはサツマイモの様なやる気の無い形状です(笑)


P1250647.jpg


取り付けは、取り外しの逆の手順で行います。


P1250656.jpg


最後にO2センサーを締め付けて完成です。


P1250664.jpg


今回の車両はマフラーが変わっていたので、タコ足特有の乾いた高い排気音に変わりました。


足回りもそうですが、軽トラを仕事で使っていて走る距離の長い人ほど、装着したパーツの恩恵を楽しめる時間が長くなりますので、軽トラをお仕事で使う方にもオススメですよ!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > タコ足ブーム!?今日はハイゼットトラック(S510P)にタコ足取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678