社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)サスペンション > 働くキャリイ(DA16T)にフロント強化ショックアブソーバーを装着♪

キャリイ(DA16T)

2019.04.02働くキャリイ(DA16T)にフロント強化ショックアブソーバーを装着♪

本日は、キャリイ(DA16T)の保冷車に、フロント強化ショックアブソーバーを取り付けました。


P1250478.jpg


実はこのお客様、少し前にフロント強化スプリングを装着いただきました。


スプリングを強化するだけでも、沈み込みやロールが収まってノーマルスプリングよりは安定して走行できるようにはなるのですが、スプリングが強くなる分、段差を乗り越えた時などの車体の振動が1発では収まらず、2回ほど振動してから納まるような動きが出ることがあります。


こういった症状が気になる場合には、ショックアブソーバーを強化してやれば改善することができます。


P1250481.jpg


このたびも、強化ショックを装着したら、車両がよりシャッキリしたというかしっかりしたフィーリングになりました。


P1250487.jpg


純正よりも扁平率の低いタイヤ(14インチとか15インチとか)を装着されている方は、タイヤの剛性が高くなるぶんサスペンションの柔らかさが際立つようになりますので、タイヤを交換してサスペンションに不満が出てくるケースもあると思います。


P1250494.jpg


いずれにしても、車体の上下動の納まりの悪さや揺れが気になっている方は、ショックアブソーバーの強化がお勧めです!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > 働くキャリイ(DA16T)にフロント強化ショックアブソーバーを装着♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678