社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)サスペンション外装軽キャンピングカー > 軽キャンパー(ケーアイ)に取り付けた「フロント牽引フック」の意外な用途とは!?

キャリイ(DA16T)

2019.03.21軽キャンパー(ケーアイ)に取り付けた「フロント牽引フック」の意外な用途とは!?

本日はAZ-MAXの軽キャンパー「ケーアイ」に、当社の「フロントスタビライザー」と「フロント牽引フック」を装着致しました。


P1250288.jpg


スタビライザーは軽キャンパーや働く軽トラックの定番といっても良いほどのパーツで、フロント左右のサスペンションをスタビライザーバーでつなぐことでロール剛性をアップさせ、高速道路走行時のふらつきや、山岳路でのロールを抑えたりすることが出来ます。


InkedP1250294_LI.jpg


そして今回装着したもう一つのパーツが、フロント牽引フックです。


DA16T系のフロント牽引フックの取付方法はあまり紹介したことが無いので、簡単にご紹介しましょう。


まずベースブラケットをフレームに取り付けます。


P1250312.jpg


そしてベースブラケットに牽引フック本体を取り付けて、装着完了となります。


P1250313.jpg


外観はこんな感じになります。


P1250317.jpg


さて今回のお客様ですが、大きなワンちゃん2匹と共に旅を楽しまれております。


P1250309.jpg


このたび装着いただいた「フロント牽引フック」の用途はこの通り!


P1250315.jpg


2匹のワンちゃんを順番に車内に入れる時に、1匹のワンちゃんを一時的に繋いておくために使われるそうです(^^


車を牽引するだけの強度を持っていますので、いかなる大型犬でも確実に繋ぎ止めておくことが可能です(笑)


IMG_20190321_114507.jpg


ワンちゃんと共に、気を付けて楽しい旅を~(@^^)/~~~

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > 軽キャンパー(ケーアイ)に取り付けた「フロント牽引フック」の意外な用途とは!?

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678