社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)リフトアップ上げトラ > 農業に使うキャリイ(DA16T)を実用的に1.1インチアップ♪

キャリイ(DA16T)

2019.02.05農業に使うキャリイ(DA16T)を実用的に1.1インチアップ♪

本日は農業でお使いのキャリイ(DA16T)に、1.1インチリフトアップキットを装着致しました。


P1240864.jpg


今回は、リヤのブロック取付けの様子を少し詳しく解説したいと思います。


まずフロントですが、純正スプリング&ショックを取り外して分解し、スプリングのみを1.1インチアップ仕様のものに交換致します。


P1240868.jpg


組立て車両に装着したところです。


P1240872.jpg


そしてリヤです。


こちらはノーマルの(右側の)リーフ&バンプラバー付近の様子です。


P1240869.jpg


まずはデフの下側をジャッキで軽く支えておきます


P1240875.jpg


そしてUボルトを固定している4つのナットを外します。


P1240874.jpg


ナットが外れたら、Uボルトとバンプラバーを取り外してこの様な状態にします。(ここから左側の写真になります)


P1240877.jpg


デフ下を支えているジャッキを少し下ろして、リーフとホーシングの間に3cmくらいの隙間を設けます。


P1240878.jpg


この隙間に、ブロックを挿入します。


P1240879.jpg


リーフの下側に飛び出ているボルトの頭を、ブロックの中央に空いている穴に合わせながらデフ下のジャッキを上げて行き、リーフとブロックとホーシングを密着させます。


P1240880.jpg


付属のロングUボルトと純正バンプラバーを使い、リーブ&ブロック&ホーシングを締結します。


P1240881.jpg


ナットを所定のトルクで締め付けて、完了です。


P1240882.jpg


では車高がどれくらい上がったか見てみましょう。


こちら、ノーマルの状態です。


P1240866.jpg


そしてこちらが、1.1インチ(約28mm)アップした状態になります。


P1240883.jpg


1.1インチアップは記載変更(構造変更)が不要ですので、そのまま車検に通せる手軽さが良いですね。


農業や林業でちょっとした悪路を走行する機会の多い方に、おススメのリフトアップメニューですよ♪

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > 農業に使うキャリイ(DA16T)を実用的に1.1インチアップ♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678