社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S200P系)排気系(EXマニ、フロントパイプ) > ハイゼットトラック(S201P)にタコ足取付け

ハイゼットトラック(S200P系)

2019.02.02ハイゼットトラック(S201P)にタコ足取付け

本日はハイゼット(S201P)にステンレス等長タコ足を装着致しました。


P1240857.jpg


まずは純正EXマニと触媒を結合しているスプリングボルト2本を外して縁を切ってから、エンジン本体より純正マニを取り外します。


P1240839.jpg


こちら、純正EXマニと、当社ステンレス等長タコ足の比較です。


P1240844.jpg


比較にもならないほど、純正マニのやる気の無さが際立ちます(笑)


タコ足をエンジンに取付けます。


P1240846.jpg


ハイゼットのKFエンジンの場合、エンジンに固定するボルトナットは、5か所になります。


P1240847.jpg


ちなみに、DA63TのK6Aエンジンは6か所、DA16TのR06Aエンジンは4箇所になります。


装着後の様子ですが、ハイゼットや現行キャリイなどのフルキャブ車両は、荷台左下の樹脂カバーを外すと、このように下側から覗き込むとタコ足が見えるのです♪


P1240859.jpg


尚、各車種ともタコ足は基本的に受注生産(納期1~2か月)となっておりますので、余裕を持ってご注文をいただけると幸いですm(__)m

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S201P)にタコ足取付け

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678