社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/510P)駆動系(LSD) > ハイゼットトラック(S500P/S510P)にLSD取付け♪

ハイゼットトラック(S500P/510P)

2018.12.06ハイゼットトラック(S500P/S510P)にLSD取付け♪

本日はハイゼットトラック(S500P)にLSDを装着致しました。


P1240212.jpg


当社では月イチくらいのペースでLSDの装着作業を行っておりますが、キャリイやエブリイといったスズキの車が大半で、何故かハイゼットの作業は少ないです。


装着作業自体はキャリイとほぼ同じ内容になりまして、まずはドライブシャフトを抜いてから、


P1240200.jpg


デフキャリアをホーシングから分離して、


P1240202.jpg


ノーマルデフを取り出します。


LSDの組付け時にキャリイと大きく変わるのは、バックラッシュを調整するシムの構成です。


P1240207.jpg


キャリイは厚みの有る物を片側に1枚ずつ入れて調整するのに対して、ハイゼットトラックは薄いシムを片側に3枚程度入れてバックラッシュ調整を行います。


P1240205.jpg


どちらの車種でもそうなのですが、調整に必要となる厚みのシムが無いと、メーカーから部品を取り寄せなければなりません。


このため、部品入荷待ちで2日程度作業が止まってしまいます。


当社では、キャリイ用・ハイゼットトラック用の各種厚みのシムを在庫で持っておりますので、日帰り作業が可能でございます。


P1240206.jpg


ちなみにLSD装着の作業時間は約4~5時間となります。


P1240208.jpg


LSDの装着をご希望の方は、まずは電話かメールでご連絡を下さい。


軽トラック用のLSDはメーカー在庫が切れていることが多々ありますので、在庫の確認しつつお見積りをさせていただきます。


LSDの納期がわかったところで装着日程を調整させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/S510P)にLSD取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678