社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)排気系(EXマニ、フロントパイプ)駆動系(LSD) > キャリイ(DA16T)にLSDとタコ足を一気に取付け!

キャリイ(DA16T)

2018.12.18キャリイ(DA16T)にLSDとタコ足を一気に取付け!

かなりマニアックなチューニングパーツである「LSD」と「タコ足」ですが、本日はキャリイ(DA16T)に、これら2点のパーツを同時装着致しました♪


P1240442.jpg


この車両はバッテリーが左側にある"いわゆる3型"になりまして、10月に納車されたばかりのピカピカの新車になります。


P1240443.jpg


LSD取付作業は何度も紹介していますので、ざっと見て行きましょう。


何はともあれLSDの装着前にはデフオイルを抜いて、


P1240444.jpg


スライディングハンマーでドライブシャフトを引っ張り、


P1240445.jpg


ホーシングに圧入されているベアリングごとひっこ抜きます。


P1240446.jpg


シャフトを抜くときはブレーキチューブを外す必要があるため、この様にブレーキホースを挟んでおくとブレーキフルードが垂れて来ないのでGoodです!


P1240448.jpg


ホーシングからデフキャリアを抜き取ったところです。


P1240447.jpg


こちらは抜き取ったノーマルのオープンデフ。


P1240450.jpg


横から見ると、文字通り中身がオープンになっていてスカスカです(笑)


P1240454.jpg


ファイナルギヤをLSDに移植するために取り外して、


P1240453.jpg


LSDに組込んで、それをデフキャリアに取り付けます。


P1240456.jpg


バックラッシュ調整が終わったら、車両に取付けます。


P1240458.jpg


戻し作業はばらしの逆なので省略(笑)


続いてステンレス等長タコ足ですが、何度も紹介しているので装着完了したところから紹介。


P1240467.jpg


たまには違った視点で紹介しますと、タコ足をエンジンにマウントするボルトナットは、DA63Tの場合6本有るのですが、DA16Tの場合はわずか4本です。


前側の2本と、


P1240468.jpg


後側の2本。


P1240469.jpg


DA63Tの時はこれらのボルトナットを締めるのに工具が入らなくて発狂する人が多発しましたが(笑)、DA16Tは超簡単に締め付けることが出来ます♪


荷台左下の樹脂カバーが無いと、タコ足が外から見えてカッコいいのですが、


P1240470.jpg


樹脂カバーを取り付けると、なんも見えなくなってしまいます・・( ̄▽ ̄;)


P1240471.jpg


オーナーさん、心地よいタコ足サウンドを響かせて帰って行かれました。


気を付けて走って下さいね~!!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)にLSDとタコ足を一気に取付け!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678