社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)サスペンション排気系(EXマニ、フロントパイプ)駆動系(LSD) > キャリイ(DA63T)にLSD、タコ足、トラクションダンパー取付け♪

キャリイ(DA63T)

2018.11.16キャリイ(DA63T)にLSD、タコ足、トラクションダンパー取付け♪

本日はキャリイ(DA63T)、H15年式の初期型のマシンが入庫しました。



初期型ではありますが、走行距離はなんと2万キロ台という、希少ともいえる車です。


P1230890.jpg


現時点ではほぼノーマルですが、いきなりのLSD、復活生産のDA63T初中期型用ステンレス等長タコ足トラクションダンパー強化ウレタンブッシュを装着致しました~!


まずはLSD装着の様子です。


ケースのシールを割っているところです。


P1230892.jpg


外したノーマルデフ(左)と、LSD(右)です。


P1230893.jpg


LSDはタイプMZで、しかもイニシャル増しと、バリバリの漢仕様です(笑)


P1230898.jpg


続いてタコ足の取付け。


この車くらいの年式になると、排気系のボルトナットは腐食や焼き付きが激しいため、取り外す際に高い確率で折れたり、ナメたりしてしまいます。


EXマニとフロントパイプを繋いでいる、スプリングボルトもその代表格です。


P1230899.jpg


ボルト、スプリングとも1本500円くらいですので、10年以上経っている車両や走行距離が行っている車両は、交換の際に新品に換えることをオススメします。


P1230900.jpg


ちなみにこのスプリングボルトは、設計変更が2回入って寸法などが変わっていますので、交換される方は年式、車台番号から適合した純正部品を取るように注意して下さい。


さて、こちらは外れた純正EXマニと、ステンレス等長タコ足です。タコ足はバンテージを巻きましたので、輝くボディーが見えませんが・・。


P1230905.jpg


車両に取付けたところを後方から。


P1230908.jpg


よく見えませんので、助手席を上げて上から見るとこんな感じです。


P1230911.jpg


そしてトラクションダンパーはこんな感じで付きました。


P1230907.jpg


地味ながら、とても効果の大きい強化ウレタンブッシュもさりげなく取付きました。


P1230906.jpg


このクルマのオーナーさん、見た目ノーマルにこだわりを持っていらっしゃるため、この外観のままガンガン走るそうです!


「ノーマルなのに超早いキャリイがいるらしい・・」との噂が出て来たら、このマシンかも知れませんよ~(^^

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)にLSD、タコ足、トラクションダンパー取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678