社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)ブレーキ > キャリイ(DA63T)のブレーキ周りを徹底強化!

キャリイ(DA63T)

2018.10.22キャリイ(DA63T)のブレーキ周りを徹底強化!

まだまだ人気の高いキャリイ(DA63T)に、新発売のブレーキパッドタイプSPと、ブレーキシュータイプSPと、ステンメッシュブレーキホースを装着しました。


下の画像のブレーキパッドですが、緑色をしているのでアフター品のブレーキパッドか!?と思いきや、純正のブレーキパッドであります(笑)


P1230543.jpg


新製品の「ブレーキパッド タイプSP」は、純正パッドよりも初期制動とブレーキを踏み込んで行った時の効きが明らかに強く、剛性感ある仕様に仕上げてあります。


パッドのカラーはブルーで、「KTV ultimate」の文字が印刷されています。


P1230551.jpg


同時発売のブレーキシュー タイプSPは、ジムカーナ走行やドリフト走行において、サイドブレーキを引いた時にロックさせたい方に向けた、超強力タイプの仕様になっております。


P1230563.jpg


トータルの制動力を上げたい、軽キャンパーやフル積載での走行機会の多い方は、前後セットで交換することにより、かなり強いストッピングパワーを得ることが出来ます。


今回はさらに完璧を目指すため、ブレーキホースをステンメッシュタイプに交換しました。



交換後に試乗して効きを確認しましたが、カッチリ、しっかり止まるようになりました。


加えてサイドブレーキを引いてみると、純正シューとは明らかに違い、カツンとロックしてくれました(^^


ブレーキ周りを本気で強化したい方は、「タイプSP」&「ステンメッシュブレーキホース」がおススメです!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)のブレーキ周りを徹底強化!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678