社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)排気系(マフラー)排気系(EXマニ、フロントパイプ) > キャリイ(DA63T)タコ足&マフラー装着(排気音の動画付き♪)

キャリイ(DA63T)

2018.09.20キャリイ(DA63T)タコ足&マフラー装着(排気音の動画付き♪)

キャリイ(DA63T 10型)に、ステンレス等長タコ足とオールステンマフラータイプSを同時装着しましたので、その様子をご紹介しましょう。


最近、DA63Tのマフラー装着レポートを久しくアップしていませんでしたので、復習を兼ねて純正マフラーの外し方から見て行きましょう。


まず純正マフラーを外すには、マフラーと触媒をジョイントしているクランプを取り外します。


P1230197.jpg


このクランプはM8ボルト1本で締まっているのですが、ボルトが錆びていて緩まないこともあるのでご注意を。


マフラーは3か所の吊りゴムで車体に取り付いていますので、これらを外します。


一番前方は、先ほどのクランプ近くにあります。


P1230198.jpg


真ん中はタイコの前側


P1230199.jpg


一番後ろはタイコの後方になります


P1230200.jpg


10型の純正マフラーはこんな形状をしております。


P1230201.jpg


続いて純正エキマニの取り外しです。


まずはマニと触媒を接続しているスプリングボルトを外します。


P1230209.jpg


EXマニカバーを止めてあるM6ボルトを外し、カバーを取り外します。


P1230215.jpg


カバーが取れると純正EXマニがあらわになります。


P1230218.jpg


DA63Tは、純正EXマニを固定しているボルトナットが6か所有りますので、これらを外して純正マニを取り外します。


P1230221.jpg


毎度おなじみ、やる気のない純正EXマニ(笑)と、KTVステンレス等長タコ足のツーショットです。


P1230222.jpg

P1230223.jpg


部品の取付けは、基本的に純正部品取り外しの逆の手順でやれば良いので割愛させていただきます。


P1230225.jpg


マフラーが変わって、リヤビューもぐっと引き締まりました。

P1230246.jpg


では最後に珍しく動画を貼り付けておきます。

タコ足&マフラー交換をすると、この様な乾いたサウンドになりま~す♪

→タコ足&マフラー交換排気音動画

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)タコ足&マフラー装着(排気音の動画付き♪)

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678