社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)駆動系(LSD) > キャリイ(DA16T)にLSDを装着

キャリイ(DA16T)

2018.08.21キャリイ(DA16T)にLSDを装着

本日は希少カラーの"エメラルドグリーン"のキャリイ(DA16T)に、LSDを装着致しました。


P1220839.jpg


今回のお客様は、他の車両でもLSD付き車両に乗ったことがある方で、その特性を理解いただいた上で、クスコのタイプMZ 2WAYを選択することに致しました。


装着の様子を簡単にご紹介します。


ぺラシャはデフから外して、ミッションから抜かずにこの様に車体側に吊るしておくことで、ミッションオイルが垂れてくるこをと防げます。


P1220849.jpg


ドラシャは、この様なスライディングハンマーが無いと、抜くことができません。


P1220851.jpg


さて、こちらはLSD本体ですが、ケースの中にコイルスプリングが見えていないのがMZの証しです。


P1220846.jpg


こちら、デフのサイドに付いている純正サイドベアリングです。


P1220848.jpg


この様に圧入して使用します。


P1220855.jpg


デフのバックラッシュは必ず取りましょう。これがいい加減だと、リングギヤが砕ける原因になりますので(^_^;)


P1220858.jpg


今回のお客様はオフロードを走行する機会が多いそうで、タイヤはダンロップのグラントレック(145R12)を装着されていました。


P1220859.jpg


LSDの装着によって、オフロード走行がぐっと面白くなることと思います!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)にLSDを装着

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678