社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > エブリイ(DA64系)キャリイ(DA63T)ターボリフトアップ > アゲトラ キャリイ(DA63T)にターボキット装着!

キャリイ(DA63T)

2018.06.05アゲトラ キャリイ(DA63T)にターボキット装着!

先日になりますが、アゲトラのキャリイ(DA63T)にターボキットを装着しました。


IMG_20180530_153208.jpg


通常のキャリイ(DA63T)であれば、当社のボルトオンターボキットを装着することになるのですが、今回はGT100キットというエブリイ(DA64V)ターボ用のビッグターボを装着致しました。


P1210933 GT100ターボ装着状態(下).jpg


と言いますのも、このキャリイは既に別のショップさんでエブリイ(DA64V)のターボエンジンに載せ替えてありました。
(※当社ではターボエンジン載せ替え作業は行っておりません)


そこで、当社が発売しているエブリイ(DA64V)用のビッグターボキットを装着し、パワーアップを図ることになった次第です。


通常のキャリイ(DA63T)とはエンジン周りの様子が全く異なりますが、作業の様子を簡単にご紹介しましょう。


こちら、エキマニからターボを取り外したところですが、ウエスで塞いである箇所にターボが付いていました。


P1210918 純正ターボ取り外し状態1.jpg

P1210924 純正ターボ取り外し状態1.jpg


そして右側が取り外したノーマルターボ、左側がGT100キットのビッグターボです。良く見るとわかりますが、コンプレッサーホイールの入口径がかなり大きくなっています。


P1210919 GT100ターボと純正ターボ.jpg


取り外した周辺部品をビッグターボに装着し、


P1210931 GT100ターボ補器類取付け.jpg


車両に装着します。


P1210933 GT100ターボ装着状態(下).jpg


ちなみにインタークーラーはエンジンの前に付いていましたが、アゲトラならではのポジションとも言えるでしょう。


P1210923インタークーラー前方.jpg


ノーマル状態では燃料が不足するため、純正ECUを書き換えて燃料を増量。


IMG_16151.jpg


またノーマルECUに入っているブーストリミッターはカットし、EVCを使用してブースト圧を設定。


この車両は大径タイヤを装着しているため、ターボやエンジンにかかる負荷が大きいことを考慮して、ブースト圧はHiで1.0K、Loで0.8Kに設定させていただきましたが、元の状態と比較すると断然パワーが上がりました!


IMG_20180529_110337.jpg


先にも書きましたが、当社ではエンジンの載せ替え作業は行っておりませんが、既にDA64V・5型又は6型のターボエンジンを搭載してあるキャリイであれば、パワーアップチューニングの対応が可能ですので、興味の有る方はどうぞご相談下さい。

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > アゲトラ キャリイ(DA63T)にターボキット装着!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678