社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > エブリイ(DA17系)駆動系(LSD) > エブリイワゴン(DA17W)にLSD取付け♪

エブリイ(DA17系)

2018.05.22エブリイワゴン(DA17W)にLSD取付け♪

本日は、エブリィワゴン(DA17W)にLSDを装着致しました。


P1210842.jpg


クスコのLSDには、タイプMZとタイプRSが有りまして、それぞれのタイプに1.5YAWと2WAYが存在します。


P1210867.jpg


当社ではお客様にどういった用途や目的でLSDを装着するのかをお聞きした上で、タイプRSにするのかタイプMZにするのか、はたまた1.5WAYが良いのか2WAYが良いのかを考えて、お薦めのものを選択しています。


P1210868.jpg


一般的にはタイプRSを装着するケースが多いのですが、今回はお客様のご要望もあり、どちらかと言えばエキスパート向けのタイプMZを装着することになりました。


取付け作業としては、キャリイもエブリイもほぼ同じような内容なのですが、エブリイのデフ(ホーシング)は、キャリイとは全くの別物です。


ドラシャを抜く工程は同じなのですが、


P1210853.jpg


ドラシャをホーシングに固定してあるボルト(ナット)が、キャリイの場合はドラムの裏側に有るのが、エブリイはドラムに外側に有ります。


P1210855.jpg


また、バックラッシュの調整を行う方法が、キャリイはシムを使用する方式なのに対して、エブリイはネジ式になっていたりします。(つまりエブリイのLSD装着時には、シム代は発生しません)


P1210870.jpg


作業時間はイニシャルトルクを上げないでそのまま組み付けるのであれば約4時間、イニシャルトルクを上げるのであれば約5時間ですので、いずれの場合でも日帰りが可能です。


オーバーホールも、イニシャルトルクを上げる作業と同様の約5時間で作業出来ます。


走りのレベルをアップしたい方、悪路での走破性を上げたい方、LSDを装着して快適な走行を手に入れませんか!?

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > エブリイワゴン(DA17W)にLSD取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678