社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)冷却系 > キャリイ(DA63T)4WD車にオイルクーラーキット装着~♪

キャリイ(DA63T)

2018.04.10キャリイ(DA63T)4WD車にオイルクーラーキット装着~♪

本日はキャリイ(DA63T 10型)の4WD車に、オイルクーラーキットを装着致しました。


P1210460.jpg


このお客様、春先にもかかわらず高速道路で水温が100℃、油温が126℃まで上昇してしまうとのことで、このたびのオイルクーラー装着となりました。


4WD車は、エンジンオイルフィルターのすぐ近くをフロントプロペラシャフトが通っています。


このためオイルフィルターを移動してやる必要が出て来ますので、2WD用オイルクーラーキットとは全く違ったオイルラインの取り回しになります。


それでは、取り付け作業の様子をご紹介しましょう~♪


まずはオイルフィルターを取り外して、


P1210435.jpg


そこにオイル取り出しブロックを取り付けます。


P1210436.jpg


オイルフィルターはフロントデフの近くに移設しますので、キットに付属のブラケットを使用して、フィルター取付けブロックを取付けます。


P1210434.jpg


クーラーのコアは2WDと同様に、A/Cコンデンサの前に設置します。


P1210433.jpg


コアに出入りするホースは、この様にコンデンサとラジエターの隙間を通します。


P1210444.jpg


コアとブロックをホースで接続し、オイルフィルターを取り付けたら完成です。


P1210448.jpg


初期のころの4WD用オイルクーラーキットは、フロントスタビとの併設が出来ませんでしたが、現在ではフロントスタビをかわすように出来ておりますので、同時装着が可能となっております。


P1210457.jpg


バンパーの隙間にチラリと見えるコアが、カッコいいですね~。


P1210461.jpg


油温計を装着してオイルクーラーの必要性を知ってしまった方は(笑)、取付けのご参考に~(^^

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)4WD車にオイルクーラーキット装着~♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678