社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S200P系)排気系(マフラー) > ハイゼットトラック(S201P)マフラー取付け作業

ハイゼットトラック(S200P系)

2018.01.30ハイゼットトラック(S201P)マフラー取付け作業

本日はハイゼットトラック(S201P)にオールステンレスマフラータイプSを装着致しました。


P12006861.jpg


S201/S211P系ハイゼットは、平成22年8月頃のマイナーチェンジを境に、排気騒音の法規が変わっております。


当社のタイプSマフラーは、この時期のマイナーチェンジ前までの車両は車検対応となるのですが、マイチェン後の車両(車検証の下欄に「マフラー加速騒音規制適用車」の記載の有る車両)については、JQRの認証プレートが無いために、車検対応扱いとはならないのです。(※S5**P用のタイプS-XはJQR認証プレートが付き車検適合となります(AT車除く))


今回お越しいただいたお客様の車両は平成21年式でしたので、晴れて車検対応マフラーとして取付けをさせていただきました。


では、取付作業を見て参りましょう。


純正マフラーを取り外しますが、まずは作業性向上のためにスペアタイヤを取り外します。


P1200681.jpg


次いで、出口付近に有る吊りゴムを取り外します。


P1200676.jpg


次いで触媒前側の、エキマニとの結合ボルト2本を外します。


P1200679.jpg


あとはタイコ前側にある吊りゴム2か所を取り外せば、純正マフラーを取り外すことが出来ます。


P1200678.jpg


製品マフラーの取付けは取外しの逆に行えば結構ですが、製品マフラーは触媒部と、サイレンサー部が別ピースになっています。


このため、まず最初に前側の触媒部から取り付けて、


P1200682.jpg


続いて後ろ側のサイレンサー部を取り付けます。


P1200684.jpg


着地状態で見るとこんな感じになります。


P1200704.jpg


P1200705.jpg


マフラー交換は着地状態でも出来ないことは無いのですが、もしもプライベートでリフトを使わずに交換される場合は、リヤタイヤをブロックなどの上に載せて10cmくらいでも高くしておけば、作業性がぐっと向上しますよ!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S201P)マフラー取付け作業

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678