社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/510P)リフトアップ上げトラ > ハイゼットトラック(S500P/S510P) 1.1インチリフトアップキット間もなく発売開始!

ハイゼットトラック(S500P/510P)

2017.12.16ハイゼットトラック(S500P/S510P) 1.1インチリフトアップキット間もなく発売開始!

ハイゼットトラック(S500P/S510P)の車高をちょいと(約3cm)だけアップできる、「1.1インチリフトアップキット」がいよいよ12月下旬に発売開始となります。


こちらはノーマルタイヤ(外径541mm)を履いた状態ですが、これだと少しだけ車高が高いかなぁ・・といった感じです。


IMG_82181.jpg


一方こちらは175/65R14(外径594mm)のダートタイヤを履いた状態です。このタイヤを履くと、大きなタイヤ径のおかげで車高が約5cmアップしますので、ぐっとリフトアップ感が漂いますね。


IMG_8988.jpg


さてここで、キットの構成をご紹介しましょう。


フロントはスプリングを交換して車高をアップさせますので、ノーマルショックのストローク範囲内で使用ができるため、ドライブシャフトへに無理な負担が掛かりません。


IMG_9534.jpg


車高が上がるとロールが気になることを計算して、バネレートは純正スプリングよりも若干高めに設定してあります。


またリヤはアルミ総削りのブロックで車高をアップ。ブルーアルマイトで仕上げた、見た目にもこだわった一品となっております。


IMG_8228.jpg


もう一つこだわりのポイントですが、ハイゼットトラックの場合1.1インチの車高アップをしただけでも、パーキングブレーキケーブルの固定位置をずらす必要が出て来ます。


当キットには、パーキングブレーキケーブル移動ブラケットもちゃんと付属しますので、安心してご使用いただけます。


IMG_9536.jpg


さて、先日スポーツランド山梨で開催された「軽トラワールドシリーズ第5戦」では、当1.1インチリフトアップキット装着のハイゼットトラック(S510P)の全開テスト走行を実施し、ステアリング特性も含めて問題が無いことも確認出来ました。


1712030621.jpg


よりハイレベルな走破性を求める方は、1月に発売開始予定の「1.1インチリフトアップ車高調キット」をご利用下さい♪


1712030622.jpg


ちなみに軽トラをリフトアップする場合、車高の変化が±4cm以上あると構造変更申請を出して、車検証の車高の変更を行わねばなりません。


当キットは車高の変化が約3cmでコイルスプリングとブロックで車高を上げていますから、構造変更不要でそのまま車検を通す事が可能です。


また、2インチや4インチの車高アップをすると、4WD車の場合フロントドライブシャフトに角度が付きすぎてしまうために、メンバーダウン(エンジンやミッションのマウント位置を下げる)を行うブロック類を多数装着する必要も出て来ます。


しかし当キットは1.1インチの車高アップに抑えてあり、またフロントスプリングの交換による車高アップ(純正ショックのストローク範囲内)であることから、ドライブシャフトの角度は許容範囲内となり、メンバーダウンのパーツは不要です。


IMG_82261.jpg


価格はハイゼット(S500P/S510P)用が37,980円になる予定で、12月25日頃よりショッピングカートに登場する予定です。(DA16T用は1ヶ月ほど遅れて発売開始予定)


年末年始に装着して走行したい方、ぎりぎり間に合うかな・・?(^_^;)

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S500P/S510P) 1.1インチリフトアップキット間もなく発売開始!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678