社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)ボディー補強 > キャリイ(DA16T)4点式ロールバー発売開始

キャリイ(DA16T)

2017.11.23キャリイ(DA16T)4点式ロールバー発売開始

個別に問合せをいただいていたお客様には既に販売をしておりましたキャリイ(DA16T)4点式ロールバーですが、ようやくWEBにて発売開始となりました。


従来のキャリイDA63T用はφ38のパイプを使用していましたが、DA16T用はφ50.8のパイプを使用し、見た目の存在感もアップしました。


また材質とカラーは、ステンレス磨き鋼管を使用してシルバーに輝く「タイプS1/S2」と、


65940-1050_S1_001.jpg


スチール鋼管に黒色パウダーコーティング(粉体塗装)を施した「タイプB1/B2」の2種類をラインナップ。


65940-1050_B1_001.jpg


形状も2種類をラインナップし、後方バーの形状が直線になっているものが「タイプS1」と「タイプB1」で、


65940-1050_S1_002.jpg


後方バーが曲がった形状になっているものが「タイプS2」と「タイプB2」になります。


65940-1050_S2_001.jpg


ちなみにタイプB1/B2に施してある、黒色パウダーコーティング(粉体塗装)は塗膜が厚く錆に対して非常に強いのですが、コストがかさむために自動車の外板ではメルセデスベンツの一部車種に使われているのみです。


写真を見ても、塗膜が厚いのがわかるかと思います。


65940-1050_B1_011.jpg


また車種専用設計なので、鳥居を外したネジ穴や荷台のネジ穴を利用して、メインバーは穴開けすることなく確実に固定することが可能です。


65940-1050_S1_011.jpg

65940-1050_S1_012.jpg

65940-1050_S1_013.jpg


後方バーのエンドには総削りのボスを溶接してあり、メインバーと強固に締結が可能となっています。


65940-1050_S1_015.jpg


見た目のインパクトも大きいですが、ボディー剛性のアップや、万一の転倒時に乗員を守る役割も忘れてはいけません。


他のカスタム車とは一線を画したい貴方にオススメのアイテムです!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)4点式ロールバー発売開始

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678