社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > サスペンションハイゼットトラック(S500P/510P) > ハイゼット(S500P/S510P)の車高調整式シャックルの構造を見てみましょう♪

ハイゼットトラック(S500P/510P)

2017.11.11ハイゼット(S500P/S510P)の車高調整式シャックルの構造を見てみましょう♪

本日はハイゼットトラック(S510P)に、車高調整式シャックルを取付けました。


P1200094.jpg


シャックルの構造についてはブログで紹介したことが無いので、今回は少し詳しく見て行きたいと思います。


まずシャックルとは、リーフの後側とボディーを接続しているパーツになります。


P1200112.jpg


左側が当社の車高調整式シャックルで、右側が純正シャックルの単品の状態になります。


P1200100.jpg


車高調整式シャックルですが、ボディー側はのシャフト位置は固定で、リーフ側のシャフト取付穴が4つ空いています。


下の画像の位置(下から3段目)にリーフ側のシャフトを取付けると、純正シャックルと同じ車高になります。


P1200101.jpg


下から4段目の穴にシャフトを取付けると、車高が約7mmダウンします。


P1200102.jpg


一番下の穴にシャフトを取付けると、車高が約14mmアップします。


P1200103.jpg


車両に取り付けるとこんな感じになります。ちなみにこの位置は、純正シャックルと同じになる所です。


P1200111.jpg


この車には元々当社の車高調キットforスポーツが装着されていましたので、車高は純正より約4cmダウンとなっています。


P1200098.jpg


キャリイ用も調整方法は全く同じになります。


車高調整式シャックルの購入を検討されている方、ご参考に!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼット(S500P/S510P)の車高調整式シャックルの構造を見てみましょう♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678