社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA16T)外装電気系 > 日産NT100クリッパーにHID取付け 最大の難関はバンパー外し!?

キャリイ(DA16T)

2017.08.01日産NT100クリッパーにHID取付け 最大の難関はバンパー外し!?

本日は日産NT100クリッパートラック(DR16T)に、当社のHIDキットを取り付けました。


P1190123.jpg


軽トラックの場合、どんな車種でもHIDキットを装着するにはフロントバンパーを取り外す必要があります。


しかしDR16T(DA16T)の場合、巧みに隠れているクリップが多く(笑)、フロントバンパーを取り外すのに少しコツが必要なところがあります。


本日はHID取付け作業の中でも、フロントバンパーの取り外し方にクローズアップしてみたいと思います。


まずはいきなりの保護色攻撃、ブラックアウトしてあるこの部分にひっそり隠れているクリップを外します。


P11901281.jpg


次いで隠れクリップ攻撃、ナンバープレート裏に隠れているクリップを外します。


P1190129.jpg


ドアを開けたところにスクリューが有りますのでそれを外します。


次いで下から見て、フレームに固定しているクリップを外し、


P1190126.jpg


バンパーの横下のフチを固定しているクリップを外します。


P1190127.jpg


そして意外な最後の難関が、バンパーの上側3ヶ所を止めてあるクリップです。


バンパー側に埋め込んであるクリップで、下の写真の水色の物がそれになります。


P1190135.jpg


このクリップが、下の写真の様なボディーパネルに空いている穴に刺さっているだけなのですが、結構がっちり止まっていて外すのに躊躇しちゃいます。


P11901341.jpg


これが全部で3ヶ所止まっていますので、気合を入れて外して下さい。


P11901311.jpg


こうやってタネ明しをすればそう難しくは無いのですが、全く情報なく外そうとすると、多くのトラップが待ち構えていて油汗をかきながらの作業となりますので、バンパーを外す予定の有る方はご参考にして下さ~い!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > 日産NT100クリッパーにHID取付け 最大の難関はバンパー外し!?

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678