社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 走行会、レース > Kトラワールドシリーズ2017第2戦 無事に終了しました♪

走行会、レース

2017.06.12Kトラワールドシリーズ2017第2戦 無事に終了しました♪

2017年6月11日、愛知県新城市のオートランド作手において『Kトラワールドシリーズ2017 第2戦』が行われました。


DSC_5639.jpg


東は埼玉、千葉、東京、神奈川などの関東地区から西は広島まで、総勢31台の軽トラがエントリーし、世界一の座を懸けて激走。


DSC_5631.jpg


2年連続で雨となっているオートランド作手でのイベントですが、今年は皆さんの行いが良かったのか晴天の元での開催となりました。


IMG_7281.jpg


走行は9時から開始となり、まず1組目はNAビギナークラスやNAエキスパートクラスの車両が出走。


IMG_7286.jpg


今回は特別ルールでダンプ車両には-3秒のハンディーが与えられました!


DSC_4460.jpg


2組目はターボSクラスやバン・ワゴンクラスの車両が走行。


IMG_7313.jpg


バン・ワゴン車が連続で走行する様子はまるでレースの様相。


IMG_0867.jpg


3本目はNAスーパーエキスパートとターボRクラスの、バカッ速い車たちが登場。


IMG_7378.jpg


このクラスは超ハイペースでの走りが熱かったです。


DSC_4294.jpg


さて、パドックではクムホタイヤさんと、ガレージミウラさん(IDI・VITOURタイヤ)が出展してイベントを盛り上げていただきました。


DSC_5660.jpg

DSC_5678.jpg


ドリフト走行クラスは5台がエントリー。


IMG_1558.jpg


グリップの高いドライ路面にもかかわらず、各車豪快な軽トラドリを繰り広げていました。


DSC_4589.jpg


またこの日は表彰対象外のお試しクラスに4台のマシンが参戦。若者も参加していましたので、今後ぜひともステップアップをしていって欲しいですね~。


IMG_1508.jpg


各クラスの結果詳細と全車紹介は後日アップしますので、本日のブログでは表彰式の画像と寸評のみご紹介しておきます。


■NAビギナークラス

DSC_6002_R.jpg

ダンプハンディ「-3秒」をもらい35.469秒をマークした吉田選手が、開幕戦優勝のSUMIO選手を0.55秒差でかわして優勝しました。激しいスキール音を響かせていた永島選手が3位で続きました。


■NAエキスパートクラス

DSC_6006_R.jpg

参加の4台とも36秒台という大混戦。優勝争いは、共に昨年のビギナークラスからステップアップした中川選手とYイチ選手の一騎打ちとなりましたが、36.022秒をマークした中川選手が0.1秒差でYイチ選手を振り切りました。3位にはS510PのKTV選手が続きました。


■NAスーパーエキスパートクラス

DSC_6016_R.jpg

開幕戦優勝のシラサギ選手がNAとしては驚異的な34.005というタイムで開幕2連勝を飾りました。2位と3位も34秒台というハイレベルな争いで、スエヨシ選手、A2C選手が続きました。


■ターボSクラス

DSC_6023_R.jpg

最遠方の広島から遠征してきたゆっくん選手が34.376で開幕2連勝を飾りました。連勝を阻止しようと必死のパッチで頑張ったGTCP1号選手が2位、3位には今年初参加の駒形選手が続きました。


■ターボRクラス

DSC_6036_R.jpg

開幕戦にて0.08秒差で2位となったHIROYUKI509000選手が、32.197のオーバーオールタイムでリベンジを果たし優勝しました。2位にはトップから0.09秒の僅差でShin33選手が続き、開幕優勝のネコまんま選手は3位でフィニッシュとなりました。


■バン・ワゴンNAクラス

DSC_6042_R.jpg

1台のエントリーとなりましたが、チキンミウラ選手が作手の軽バンNA歴代ベストを更新する36.529のタイムで優勝に花を添えました。


■バン・ワゴンNAクラス

DSC_6053_R.jpg


空気圧6Kのタイヤをバーストさせて作手の山に炸裂音を響かせたGTCP3号選手が、34.456の軽バンターボ過去最高記録をマークして優勝しました。開幕戦優勝のセッシャー森選手は0.3秒届かず2位。3位にはにーにー選手が続きました。


DSC_5994_R.jpg


■仮装大賞

DSC_5647.jpg

エントリー1名となったこのクラスは、「うどん100%選手」が満場一致で優勝を果たしました。


■総評

梅雨時期のオートランド作手開催としては珍しい、終日ドライ路面でのイベントとなりました。多くのクラスでは今年から使用出来るタイヤが変わったため、まだタイヤのチョイスやベストな空気圧などを模索しながら走る人が多かったようです。

NAビギナークラスは当日発表の「ダンプ車両の-3秒ハンディー」が予想以上に?ダンプに有利に働き、非ダンプ車両の皆さんが必死で0.1秒を詰めようと努力する姿には、まったりとした軽トライベントに似合わず思わず胸を熱くさせられました。

IMG_7310.jpg


お試し走行クラスには若い参加者の方もいらっしゃいました。今後、もっともっと若い参加者さんが増えて行けば良いですね。

DSC_5821.jpg


さて次回第3戦は来月23日(日)に愛知県蒲郡市のスパ西浦モーターパークで開催されます。例年とは違い、次のイベントまでの間隔が短くなっております。

第3戦ではこれまでの2戦とは違い、高速サーキットでの開催となります。またスパ西浦モーターパークでのタイムトライアルイベントしては、史上初の逆走となります。

スパ西浦モーターパークを軽トラ・軽バンで逆走した人は恐らくいないと思いますので、コース完熟の点では全参加者がイコールコンディションになると言えるでしょう。

参加受付は来週月曜日(6月19日)から始まりますので、まだ第2戦の余韻が抜けきらないとは存じますが、第3戦にエントリー予定の方は次に向けて気持ちを切り替えていただきたいと思います。

最後に参加された皆様、ギャラリーにお越しいただいた皆様、大変お疲れ様でした!

IMG_1199.jpg


■リザルトはこちらになります。(クリックで拡大します)

Result_ktra_word_2017_Rd2.jpg

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > Kトラワールドシリーズ2017第2戦 無事に終了しました♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678