社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > エンジンキャリイ(DA63T) > キャリイ(DA63T)NAチューンの可能性を考える・・

キャリイ(DA63T)

2017.05.27キャリイ(DA63T)NAチューンの可能性を考える・・

キャリイ(DA63T)にお乗りのお客様からたまに来る質問で「NAでもっとパワーが欲しいのですが、何か手はありませんか?」というものがあります。


NA現状ですと、タコ足マフラーといった排気系チューン、ファンネルエアクリーナーといった吸気系チューン、スーパーECUといったコンピューターチューンくらいしか選択肢はございませんで、圧倒的なパワーアップというのは難しいのが現状です。


0162.jpg


ですので、手っ取り早くパワーを上げたいのであれば、ボルトオンターボキットをお奨めすることになるのですが、そうは言ってもNAにこだわる方も多くいらっしゃいます。


そうなりますとエンジンパーツの交換を行うしかないわけでして、その可能性を探るためにDA63TのK6Aエンジンを分解してみました。


眺めただけですので、具体的にどの部位をどうするというコメントはありませんw


DA63Tに乗っている方でも、エンジンの内部をご覧になった事がある方は少ないと思いますので興味本位でご覧下さい。


こちら、ヘッドカバーとフロントカバーを外したところです。K6Aはタイミングベルトではなく、タイミングチェーンをしていますので、10万キロを超えてもベルト切れの心配はございません。


P1180569.jpg


こちらはチェーンのたるみを無くして、チェーンを"ピンっ"と張るためのテンショナーと呼ばれる部品です。


P1180570.jpg


テンショナー本体はこちらになりますが、このパーツは油圧を使ってテンションを発生させます。


P1180575.jpg


劣化したオイルを使用し続けたりして油圧経路にスラッジが詰まったりすると、テンショナーが効かなくなって、チェーンから"ミューミュー"と猫が鳴く様なノイズが出始めますので、そういった意味でもまめなオイル交換が必要です。


タイミングチェーンにはこの様に色が付いた駒があります。これは分解後に再組立する際に、カムとクランクの位置合わせをするための目印です。


P1180581.jpg


クランク側にもこの通り。


P1180582.jpg


カムシャフトを外したところです。カムスプロケットは圧入式である上に、横側にカムセンサー用のポッチが付いていますので、バルタイの調整はかなり困難そうです・・・>_<


P1180588.jpg


こちらはタペットとシムです。K6Aはタペットの上にシムが載っている「アウターシム」タイプなので、カムをいじりにくいのです・・・(笑)


P1180589.jpg


ちなみにヘッドボルトを取り外すSST(特殊工具)は、AE86の4AGエンジン用の物がそのまま使えますwww


P1180591.jpg


また進展が有ったら、レポートしま~す!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)NAチューンの可能性を考える・・

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678