社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > エブリイ(DA64系) > スーパーエブリイ(DA64V)製作計画 LSD取付け!

エブリイ(DA64系)

2017.03.03スーパーエブリイ(DA64V)製作計画 LSD取付け!

今年の「Kトラワールドシリーズ2017」のバン・ワゴンターボクラスに参戦予定の当社のスーパーエブリイ(DA64V)。


P11701432.jpg


現状では追加メーターが付いているのと、ECUをチマチマ弄っているだけで、いまだにスーパーではございませんw


P11701452.jpg


本日、ようやく走りの必需品「クスコのLSDタイプRS 2WAY」を装着しました。


エブリイ(DA64V)のリヤアクスルは、基本的にキャリイやハイゼットなどの軽トラと同じホーシング構造ですので作業内容もほぼ同様なのですが、作業概要をご紹介します。


まずは何はともあれデフオイルを抜きます。


P1170527.jpg


ブレーキドラムを外します。


P1170526.jpg


ドラムのバックプレートとホーシングを締結しているボルトが、ドラムの内側に4個有りますが、


P1170530.jpg


これらのボルトを外します。


P1170531.jpg


ドラシャをスライディングハンマーを使って抜きます。


P1170532.jpg


デフの前方ではプロペラシャフトを外し、吊っておきます。


P1170528.jpg


デフキャリアの8本のボルトを外し、ノーマルデフをキャリアごと外します。


P1170533.jpg


キャリアからノーマルデフを外します。


P1170535.jpg


そしてこちらがクスコのLSD。


P1170537.jpg


先日少し紹介しましたが、既に中身をバラして、


P1170469.jpg


イニシャルトルクを約8Kにまでアップさせています。


P1170465.jpg


イニシャルを高めにすると、使用するデフオイルによってはチャタリング音(バキバキ音)が出ます。(高めにしなくても音が出るオイルもありますが・・)


当社ではチャタリング音を抑えられる、ルブロスのSP140というギヤオイルを使用しています。


P1170560.jpg


チャタリング音を抑えるギヤオイルの多くは、添加剤で入れることで対処しているものが多く流通していますが、そういったオイルは劣化してくると音が出て来ますので、オイル交換をしてしばらくすると音が大きくなってきます。


P1170561.jpg


ルブロスのギヤオイルは添加剤で消すのではなくベースオイルで対処しているので、チャタリング音を抑える効果が長続きするのが特徴です。


さて組み付けの作業ですが、何か所にシール材を塗布しないといけない点がバラし時とはちょっと異なりますが、基本的にはバラしの逆の手順で進めればOKです。


P1170562.jpg

P1170563.jpg

P1170565.jpg

P1170566.jpg


走行してみましたが、良い感じの強さで効いていますね~。


人気のない広場でフルステアリングでアクセルを踏んでみると、見事にアクセルターンが出来ました。


でもまだ足回りがノーマルなんですよねぇ・・(^_^;)

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > スーパーエブリイ(DA64V)製作計画 LSD取付け!

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678