社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S200P系)ハイゼットトラック(S500P/510P)排気系(マフラー) > ハイゼットトラック(S201P/S211P)のマフラー装着② 「純正マフラー下取りの理由 と チェックランプが点灯するわけ」

ハイゼットトラック(S200P系)

2015.12.23ハイゼットトラック(S201P/S211P)のマフラー装着② 「純正マフラー下取りの理由 と チェックランプが点灯するわけ」

本日もまたハイゼットトラックジャンボ(S211P)に、弊社のオールステンレスマフラータイプSを装着しました。


P1030879.jpg


ハイゼットトラックの場合、キャリイとは違って純正マフラーは下取りが基本となります。


またマフラーを交換したらエンジンチェックランプが点灯した・・・、という方が多々いらっしゃいます。


これらの理由はどうしてなのか、説明していきましょう。


まずこちらはハイゼットトラック(S201P/S211P系)の純正マフラーになります。


P1030749.jpg


この画像だと、右がエンジン側で左が出口側になります。


エンジン側から30cmあたりにあるふくらみの部分が触媒になるのですが、ご覧の通りに純正マフラーはサイレンサーと触媒が一体になっています。


さらに触媒のすぐ後ろにハーネス&コネクターが見えていますが、これはO2センサー(A/Fセンサー)になります。


センサーを外すとこんな風になっています。


P1030754.jpg


市販されているハイゼット用のマフラーの中には、純正マフラーを外して触媒レスになるタイプの物もあります。


触媒を無くしてしまうと、排気ガスの有害成分が浄化されずにそのまま出て来ますので、目がピリピリするだけではなく、O2センサーが異常を検知してエンジンチェックランプが点灯してしまいます。


p1020903.jpg


エンジンチェックランプが点灯すると、ECUはエンジンが壊れないようにフェールセーフという機能を働かせ、エンジンパワーを少しだけ落として走行するようになります。


マフラーを交換してチェックランプが点灯し、何だか遅くなった気がする方は、まさにその現象が起こっています。


ここまで話すとおおよそわかったとは思いますが、マフラー交換をする場合でも触媒は残さないといけないのです。


そこで当社ではお客様の純正マフラーを下取りし、触媒部分の直後で切断してフランジを溶接。


P1030755.jpg


その後ろの部分に当社のオールステンレスマフラータイプSを接続する構造になっているのです。


P1030753.jpg


このため、排気ガスの成分は純正と同等になりますから、車検は問題無く通りますし、もちろんチェックランプが点灯することもありません。


そしてサイレンサー内はストレート構造となっていますので、確実にパワーアップもするのです。


S201P_power_check.jpg


ちなみにキャリイは、触媒とマフラー(サイレンサー)は別体になっているので、純正触媒は残したままマフラー交換が可能です。


以上、ハイゼット用オールステンレスマフラータイプSは純正マフラー下取りが原則となっている理由でした。

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > ハイゼットトラック(S201P/S211P)のマフラー装着② 「純正マフラー下取りの理由 と チェックランプが点灯するわけ」

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678