社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)ターボ追加メーター > キャリイ(DA63T)ボルトオンターボ車に 燃圧計取付け♪

キャリイ(DA63T)

2015.07.20キャリイ(DA63T)ボルトオンターボ車に 燃圧計取付け♪

当社のデモカー「キャリイ(DA63T)ボルトオンターボ号」のブースト圧は、0.4Kg/mm2となっています。


P1020136.jpg


当社のボルトオンターボは、エンジン本体ノーマル、インジェクターもノーマル、燃料ポンプもノーマルと、エンジン&周辺機器は全てノーマルのままとなっています。


このため、インジェクター容量がいっぱいいっぱいなので、これ以上はブーストアップが出来ないのです。


P1020135.jpg


しかしこのたびモアーパワーを得るために、ネックとなっていた燃料系を見直すことに致しました。


ということでまずは燃料系の実力を知るために、燃圧計を取り付けます。


DefiのスマートアダプターWを使用して、スマホに表示させることにしました。


このスマートアダプターを使用するには、Defiのアドバンスコントロールユニットが別途必要となりますが、既にDefiアドバンスシリーズの追加メーターを装着している車両であれば、容易に使用ができます。(圧力センサーも必要となりますが)


本体はこんな感じで、ただの白い箱ですw



で、スマホに表示させるとこんな感じになります。Bluetoohを使うのでスマホへの配線は不要です。


P1020133.jpg


回転信号を取り入れれば、タコメーターの表示も可能という優れものです。


さて、これで燃料ポンプの実力を確認しながら、ブーストアップのための方策を探して行きたいと思いま~す!

カテゴリ:

ページの先頭へ
ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)ボルトオンターボ車に 燃圧計取付け♪

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678