社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > キャリイ(DA63T)技術走行会、レース > キャリイDA63T ボルトオンターボシェークダウン

キャリイ(DA63T)

2010.03.01キャリイDA63T ボルトオンターボシェークダウン

去る2月27日(土)に愛知県作手村にある「オートランド作手」において、世にも稀な「軽トラックだけの走行会」が開催されました。

DSCN9297.jpg

北は宮城県から南は大分県まで、集合した軽トラは50台。
皆さんとも熱い走りを披露していました。

当走行会において、GT CARプロデュースでは出店ならびに、デモカーの走行を実施。
先日より準備を進めていたボルトオンターボが、ついにシェークダウンとなりました。

DSCN9334.jpg

近日中に、「プッシュン、プッシュン」といいながら走るキャリイの動画をUPしますw

ちなみに昨年のタイムが36.1秒で、今年は34.8秒でしたので、ボルトオンターボで1秒強のタイムアップ果たしました。

まだまだセッティング途上ですのでさらに速くなるとは思いますが、まずは大きな第一歩を踏み出したことは確かです。

次は耐久レース参戦に向けて煮詰めます!

| コメント(2)

カテゴリ:

ページの先頭へ

コメント(2)

先日は、お疲れさまでした。
主にトップターンで旗振りしていましたが、3コーナー出口が他車に比べて速いように思いました。。。
ということは、今回はLSDがよく効いていたと!!!
(LSD付でも効いてなくて登らない車がチラホラ)
次は耐久参戦ですか!?
目標は12秒台かな??

オフィシャルお疲れ様でした。
昨年はLSDのイニシャル4Kで全く効きませんでしたが、今年は13Kが奏功して空転はゼロでした!
あとは裏の上りが、今年はターボのお陰か失速しませんでしたね。
スパ西では12秒あたりがターゲットになりそうですね。

ページの先頭へ

ホーム > 社長ブログ > キャリイDA63T ボルトオンターボシェークダウン

プロフィール 代表取締役 高原宏幸

1992年某自動車メーカーに入社。エンジニアとして新車の立ち上げに関わり、自動車メーカーの手法・品質基準を叩きこまれる。学生時代から参戦していたダートラ、ジムカーナ、レースに影響を受け、競技車の世界への転身を決意。
1999年某自動車メーカー系ワークス会社に転職。商品企画設計、レース車両設計、レース運営アソシエーション責任者を経て、WRC立ち上げプロジェクトにエンジニアとして関わる。
2008年4月、株式会社GT CARプロデュースを設立。以来、アフターパーツの企画設計製造販売、走行会イベントの企画開催を手がける。

月別アーカイブ

お問い合わせ

インターネットから
お問い合わせフォームへ
お電話・FAXから
電話 0538-37-6677FAX 0538-37-6678